複数社がサービスを提供

固定電話

初期費用や月額に注目

固定電話は、企業では必ず必要となってくるものですし、個人の家でも一台は欲しいと考えている人も多いでしょう。しかし、固定電話というのはスマートフォンなどと違って、どこへ行けば加入ができるのか分からないという人も少なくないでしょう。もっともオーソドックスな方法としてはNTTで申し込むという方法がありますが、それ以外にも直収電話を利用するという方法もあります。NTTで申し込むという方法に関しては、電話加入権を取得するという方法と、加入権を取得せず利用できる方法があります。まず電話加入権を取得する方法では、契約する際に加入権取得費用である36000円と契約料の800円を支払う必要があるため、初期費用をある程度用意しなければなりません。そして加入権を取得せず利用できる方法では、加入権取得のための初期費用は必要ありませんが、月々の料金がやや高め(プラス250円)になります。次に直収電話は、他社がNTTの回線を借りてサービスを提供するというものであり、電話加入権が必要ないため、その分の初期費用が抑えられるという特徴があります。さらに直収電話は、月々の利用料金がNTTのサービスより安めの場合が多いと言えるでしょう。また固定電話は、携帯電話やインターネットサービス、そしてケーブルテレビの会社などがサービスを提供しています。そして、すでにそれらの会社のサービスを利用している場合は、固定電話を特別に安く利用できるケースもあるため、調べてみるとよいでしょう。

オススメ記事

婦人

おすすめの格安simです

DMMmobileでは業界でも最安レベルの格安プランを用意しています。バースト機能は低速モードでもインターネットをストレスなく閲覧出来ると評判が良いです。スマートフォンもセットで購入出来ますので、初心者にも優しいです。

Wi-Fi

海外でのインターネットに

インターネットができるwifi機器をレンタルすれば、海外でも安全にオンラインに繋ぐことができます。現在では、レンタル会社が羽田空港に入っているため、受け取りに加えて返却までも簡単におこなえるでしょう。